ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

三ツ星タイヤを思い出しました

トラックバイクには700c規格のわっぱ・タイヤがくっ付いています。
例外的に650cも存在しますが、基本的に700cタイヤを前後にセットするのが通例。

くれぐれも言っておきますが、700ccじゃあないですよ。それは中免では乗れない大型二輪。

え?くだらない冗談で原稿を埋めるようなマネをするなって?
いやいや、実際に、『御社のアルミ700ccなんですがぁ・・・。』っという言葉を聞いたことがあるもので。笑






ずぅーいぶん前に入荷しておりましたが、ようやくご紹介です。
c0100318_13585633.jpg
㈱ヨシガイさんが企画・製作・販売されているGRAN COMPE SS TIREです。トラックバイク乗ってる人には、既に定番化したタイヤですよねぇ。

元々黒を含め3~4色くらいの展開からスタートしたと思うのですが、今現在は・・・ホワイト・ブラック・ピンク・グリーン・オレンジ・ブルー・レッド・イエロー・・・っと、『へのツッパリはぁ、いらんですよ。』の8色展開!

しかもつい最近にはパープルという、いままでまぁーお目にかかったことの無いような色のタイヤまでリリースされ全9色に!

んん??でも記憶をたどると・・・ずっと昔に三ツ星なるタイヤメイカーが、様々な色のタイヤを出していて、その中に紫もあったような・・・。



イロモノ。ベテランになればなるほど、『けっ、トーシローじゃああるめえし。ちゃんちゃらおかしいったらありゃしねーぜ!』っと“べらんめい化”してしまって敬遠気味となり、どんどんシブい配色の自転車になってしまいます。

気が付けば女子からはナンの感動もされないじみーな車体になっちゃっていて。『ハァー。自転車好きってやっぱりオタクなんだねぇ。かっこよさやかわいさのかけらも無いわぁ、この自転車・・・。』っと、なることが目にみえています。

ただでさえ奥さんや彼女から、『どーして何台も所有したり、アルミの塊でン万もするモノに金を注ぎ込むのか?★★ガ★じゃないの?あんた!?』って蔑まれているのです。そうです。少しでも、『かわいい自転車だね!』っと言われるように努力しなくてはいけないのです!



脱線話が長くなりました。

このグランコンペのタイヤ。700×23Cということはロードにも当り前に使えるのですが、はっきり言ってロードの人は保守的です。こんなど派手なタイヤを付ける人はまずいないと思います。え、既に付けている?だったら謝ります。すみません。でもいたとしてもかなり少数派なのは間違い無いでしょう。

ではどんな車種にくっ付けるのか?いいですか。よーく聞いて下さい。
『MTBに700Cのホイルはいて付けるんです。』(←今、凄いこと言いましたよ!)

26×2.ホニャララサイズの全部同色(←サイド部分が黒とかではない。)のタイヤもリリースされてきていますが、どーもアレだけのボリュームのタイヤがどぎつい色だと、主張し過ぎというか・・・ヤリ過ぎなよーに感じるんですよね。僕には。

ほっそいタイヤだからこそ成立する派手さ。
これでんがな。



グランコンペの700cカラータイヤを付けるためだけに700cのMTBホイルを新調する。いやぁーかっこいいですね!そこの先輩!!

タイヤ2本が8,400円でホイルがローターやらスプロケやら含めると5万は下らないから・・・へへ、電卓を弾く指がウナるぜぇ・・・って、こんなのに乗っかる人はいないと思いますがね。笑



★耐久性に優れたコンパウンド採用
★走行ストレスの少ないオールマイティコンディショントレッド
★タイヤビートは、高強度、低伸度、軽量を誇るKEVLARビート
★軽量 平均重量約198g
(↑上記内容、ヨシガイさんのサイトより抜粋。)
c0100318_1456267.jpg
GRAN COMPE SS TIRE(各色)
¥4,200(本体価格/¥4,000)
[PR]
by the-riddlebikes | 2008-12-09 23:38 | 入荷情報