ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

新たな定番アイテム?

昨年の夏、暑苦しい事務所で完成後の一杯をやりながらおっさん二人で、『これ、ほんとに6千円でいいのかな?すげーいいじゃん!』といった出来事から数ヶ月・・・2009年には千円もの価格高騰で7千円となってしまいましたが、それでも手が出ないといったほどの価格じゃない。
c0100318_12162248.jpg
純粋にクロスカントリー・・・XC 717 Disc
ショートトラックや山用・・・XM 719 Disc
ファットなタイヤを付けたい人・・・EN 521 Disc
以上のような感じで、用途・趣向・体格で、三段構え的な選択肢を構築することが出来そうです。





先日話題にしたD521からEN 521 Discへの換装が終了しました。
検証したいことのひとつとして旧521から新521でスポークの長さは同じでいけるか?ってのもあったのですが、おおむね善しでしたね。

ということは・・・旧521がくっ付いている人はニップル緩めてそのままほどききって、新521へ順々にスポークをよっこいしょすれば、短時間かつスポークの新規購入も無しで、フレッシュで軽量なリムにはき換えられるということです。

ニップルに付いては真鍮とかアルミだからねじ山が崩れちゃっていて再利用はまずNGなのですが、スポークは使用状況によっては、再利用可だと僕は判断します。邪道なやり方なのは重々承知の上ですが、過去何度もそういった修理をして重大な問題は起きていないのでね。僕なりの経験値ということでご理解下さいませ。


改めて、先日計測した物と違うもう一本のリムの重量を調べてみました。
c0100318_12361322.jpg
先日のは505gを示したのですがもう一本は510gでした。ぶら下がっているリムに少し触れたりすると510gと515gを行ったり来たりしたのですが、静止状態だと510gで落ち着きます。たった2本しかはかっていないのですが、EN 521 Discの平均値は510g!・・・っとしたいと思います。笑
カタログ値よりも、30gも軽いということですね!嬉々としちゃいます。笑


で、組み上がったので販売しちゃいます。価格は¥28,900(税込)です。

ただしハブ・スポークが酷使はしていないとはいえ中古品です。あくまで、今まで当事務所で組替え等依頼頂いた方のみとしたいと思います。経験上なんら問題無いと判断していますが、念には念を・・・といったところです。どうかご理解下さいませ。


あー。
下りがメインの車体だというのにデオーレのごろごろハブに甘んじているあの人や・・・。
あー。
ハードテールの山用の車体なのに激重のわっぱでガマンしているあの兄さんや・・・。
いかがでしょ?笑


知った人にしか売らない?売れない?このわっぱ。現在付けているのが要らないのなら、下取りシステムもございますよ。今回限りですが。笑
1セットしかないので、お早めにぃ~。
[PR]
by the-riddlebikes | 2009-01-27 23:50 | ヒューマンサイクルダイアリー