ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

御殿場は嫌な時期に突入ですね

先週末、急にアクセス数が増えていたので、『きっとどこかのジェントルマンがリンクを設置してくれているのだろう・・・。』っと、特に発信源を捜索することはしませんでしたが、月曜になってその源泉を知ることとなりました。

塚本さん、告知ありがとうございます。価格改定をどうのようにこねくりまわしてお伝えするか思案している間に時間は経過し、やがて情報は古いモノとなり・・・輸入業者さまよりの直接告知、感謝申し上げます!

あ、例の件の回答を怠っております。ご迷惑をおかけ致しております。近々に返答致します。





しかしアクセス数が増えたとはいえ、ブログスカウターのカウントは平時とさほど変わらず・・・一瞬でも訪れて下さった方々へ・・・タメになる情報が無くって済みませんでした。笑



『タイラさん。あんたは、こーんな(←親指と人差し指で『小さい』を表現するジェスチャー)小さなジャンルで勝負しようとしてるよ。厳しいよぅ・・・。』っとは、立川在住の斉藤さんの談。この言葉が端的に示すように、自分でも嫌になるくらい狭い世界を掘り下げてると思う、僕のブログは。ほーんと、そんなブログです。

しかし斉藤さん。僕には、あの時の言葉は最高の褒め言葉に聞こえましたよ。僕みたいにカネも無ければ名声も無いが、『自転車の知識に関しては、そー簡単に人に負けられねー!』ってヤツは、人と違うことやらないと、勝てっこないので・・・。笑



シュンスケモデルもいよいよ前後ディスクの装備も終わり、若干再セッティングの必要はあるものの、僕の目論見通りのカタチに至りました。

リアは必ずディスクでなくてはならないという事はありませんが、例えばシュンスケモデルでもまだ大きいと感じるちびつこには、後のみ、あるいは前後18インチホイルで組むというイレギュラー的なカスタマイズも可能です。凄く小さくて特殊なジャンルである事は承知の上ですが、出来うる限りの汎用性と応用性を持たせたかったのです。

シュンスケモデルの市販版。いよいよ製作にかかります。当初考えていたよりもかなり前倒しで市販版製作に取り掛かれそうです。フレーム価格も、税込7万以内で収まりそうです。またわくわくへも、お話しをしに、あるいは聞きに、伺いたく存じます。



長々とタイトルと関係の無い話しをしてしまいました。いよいよ本題に突入です。お待たせしていたブツ、本日入荷しております。
c0100318_1327793.jpg
『大変長らくお待たせしておりましたので、送料はこちら負担で、速攻で出荷しておきます!』っとyukiさん。ご配慮、ありがとうございます。

以上、御殿場のHANDAくんへの私信でした。笑
[PR]
by the-riddlebikes | 2009-06-15 13:03 | ヒューマンサイクルダイアリー