ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

ハブ毛神社

天気の良い日はまなみちゃんを『前だっこ』にして、自転車で、事務所至近の東京都認証保育所まで連れていっています。





保育所(園)には5月からお世話になっているのですが、その頃はまだまなみ嬢は寸足らずだったため、横だっこ、あるいはお尻の下にタオルでかさ上げをして運んでいたため、自転車に乗るのは無理でした。



で、いよいよ6月頃からぼくとまなみ嬢の、『火垂るの墓/セイタさんとセツ子ごっこ』状態の、自転車通園が始まったのです。

通勤ルートには、二人が一瞬の幸せを味わった池のほとり・・・のように見える、石神井池が横たわります。

ぼくはセツ子に聞きます。『今晩はなにが食べたい?』セツ子は虫の息で言います。『お造りになぁ、てんぷらになぁ、ところてん・・・。』

『おかあちゃんが作ってくれたたまごのおかいさんが食べたいぃ!』っと言うこともあるので、『滋養なんか・・・滋養なんかどこに在るんですかぁ!』っと叫びながら、ぼくは空襲のどさくさに紛れ・・・あ、もういいですかね?苦笑



まなみ嬢はまだまだ7kgあるかないかくらいなので、重さ的には大したことはないのですが、なにぶん生き物ですので、扱いに神経を使います。

行きはほぼ下りなので今まで通りのルートでOKなのですが、帰りはそのまま引き返すにはちと辛い。そこで、少しでも勾配のゆるいルートを試行錯誤しているところのなのですが、その試行錯誤ルートで、大変ありがたい名前を発見したのです。



どうです。素通りなんて・・・いやさ、頭を下げずには通れない名前です。
c0100318_15493760.jpg
ぼくは密かにここを、『ハブ毛神社』と呼びならわし、ここを通る際には二拝二拍手一拝を欠かさないのであります。

ご利益は、今のところまったくありませんが・・・。
[PR]
by the-riddlebikes | 2009-07-31 23:32 | ヒューマンサイクルダイアリー