ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

TIOGAタイヤ、再評価

なんて偉そうに書ける身分・階級の人間ではないですが、見た目・重量・品質・価格等、凄く良さげです。





Trail Finder(トレイルファインダー)/26×2.10
c0100318_1725226.jpg
センター部にいー具合に配置されたブロック。高さもほどほどで転がり良好かつ、路面へのインパクトも低めな感じで、好印象です。舗装路の転がりもまーまーでしょうが、ショルダー部のブロックが腰砕けになって、勢いよく旋回するのはよした方がいいですね。ま、このタイヤはいて舗装路でそんなことしないと思いますが。笑

26×1.90サイズもあるのですが、今回ご用意したのは2.10のみです。
c0100318_17305484.jpg
だって最近のぼく、太いタイヤが好きなんだものぉ。男子たるもの、やはり太いのがよろしおすな。

Trail Finder(トレイルファインダー)/26×2.10・・・・・¥3,885(本体価格/¥3,700)



Square Eight(スクエア8)/26×2.10
c0100318_173725.jpg
これ、なんちゃーないキャラメルブロックを配列したパターンですが、凄く個性的な雰囲気を漂わせたタイヤですね。全てのブロックが同じ高さと思いきや、高い・低いが、交互に、てれこに配列されています。トレイルファインダーとはまったく異質のデザインですが、舗装路でも意外に転がりそうです。

こちらも同じく26×1.90サイズもラインナップされているものの、ご用意したのは26×2.10のみです。
c0100318_17434176.jpg
よーく見てもらうと判ると思うのですが、センター辺りのブロックは低めで、外へ向かうにつれて高くなる・・・リムにセットして空気を充填すると、スクエアなタイヤ断面が出来上がるワケです。ゆえにスクエア8。なんでエイトって言うのかは不明です。今のところ。

このスクエア形状。トライアルの前輪に使えそうですね!ショルダー部の高くそびえるブロック。角でグリップしてくれるも、たより過ぎると腰砕けになりそう。でも、密に配列された前後あるいは横の低めのブロックが、必要以上のヨレを制御。なかなかの粘りを発揮してくれそうです。ま、けして激カルタイヤではないので、その辺はご容赦のほど・・・。

Square Eight(スクエア8)/26×2.10・・・・・¥3,885(本体価格/¥3,700)



コンパウンドがどうだとか言い始めたらMしすとかKだとかにかなり分があるとは思うのですが、価格の方が、おいそれと気軽に試せるモノではない。かつてトライアルでもタイオガタイヤを愛用するライダーはたくさんいましたが、今はやはり、MしすとかKだに押され気味。もっともっとの『かつて』を知っている人なら、“ジョン”と“マック”に憧れ、サイコなんてタイヤをはいた諸兄も少なからずいらっしゃるのでは?ま、昔を懐かしむとかでなく、純粋に、『今』のタイオガタイヤが良さげだなと、感じた次第でございます。
[PR]
by the-riddlebikes | 2009-08-05 23:14 | 入荷情報