ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

フォーク論争再燃?

新コースのこけら落としレース、お疲れさまでございました。





それにしても新しいコース‥明らかに車輪径が小さくてホイルベースの短いBMX向きのコースといった印象。知人の30代のおじさんライダーたちは、のきなみ苦労しているように感じました。

凄くタイトに配置されたコブコブのコース。MTBの長いホイルベースとフォークでは、いまいち引っかかってスムースに走らせられない印象でした。ま、慣れの部分もあるので、時間が解決してくれるとは思いますが。笑

そんな状況を観ながら、『もしや‥』っという期待感でレースを観戦しておりましたが、どんぴしゃ。MTBのエキパとエリートで、ffと高二の『21世紀的にありえない仕様』での優勝という、危険極まりない結果が叩き出されました。笑

くれぐれも言っておきます。彼らはかなりのレベルなので乗りこなしていますが、正直言ってかなーりヤバい組み合わせです。ffと高二は。『やっぱリジッドフォークだよな。オレもやってみよー。』などと、安易にふみきらないで下さいね。

ただ、まだ在庫は数本在りますので、どーしても!って方には、充分説明した後に、悪そうな笑顔を浮かべながら販売しちゃいますが。笑

リジッドかサスペンションか‥僕の中では、もう4〜5年前にカタがついた案件のつもりでしたが、いやいや、土俵が変われば事態も変わってくるんですねぇ。笑

さて、僕は今、上越ジャンクションを過ぎて北陸道のとあるPAです。今日・明日は奥さんの実家で、子供たちのお相手です。緑山ではもう一丁レースですよね。リジッドが早えーのか?サスペンションの方がそつなくスムースにこなせるのか?大がかりな実験をみるようで、楽しみでなりません。

ではみなさん、怪我は絶対に無しで、楽しい真剣勝負を!
c0100318_9163889.jpg

[PR]
by the-riddlebikes | 2009-09-22 09:16 | ヒューマンサイクルダイアリー