ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

grunge プチフラットペダル

ピットバイクをお求め頂いた親御さんにお奨めしたならば、約80%くらいの確立で、『じゃ、やっちゃって下さい!』っと、最初から交換させてもらっています。grunge プチフラットペダルに。





ホフマンのピットバイク・・・ウルサガタに言わせれば『レース用じゃないからちょっと重い。』だの、『ジャイロが不要。』だのと、親切心からくるありがたい突込み・ご指摘を頂戴するのですが、意外と?子供用の自転車にジャイロの有効性を見出して下さるお父さん・お母さんが多いです。もうね、がちがちレース志向のネオコン諸兄は相手にしていませんから。僕。笑



しかぁーし!唯一僕的に、そのままではゆるせない部分があるのです。
c0100318_1327566.jpg
えーっと、ペダルですね。左が純正のペダルで、右がグランジのペダル。左の純正・・・完全に大人用のプラットフォームペダルです!笑・・・明らかにふたまわりくらいのサイズ差ですが、子供の小さな足にフィットするのはいずれのペダルか?一目瞭然です。

しかも横幅(←写真では縦方向です)も相当なサイズ差。ってことは・・・子供車は車高が低いですので、車体を傾けての旋回時に地面とヒットしやすいんですよね、純正のペダルわ!『乗りやすい自転車』というモノは、単にサイズが小さいというコトだけではないんですね。その自転車の寸法に合ったパーツで構成されて、初めて、その自転車に秘められた運動性能(←ポテンシャルとも言う)が発揮されるのですね!



grunge プチフラットペダルは(シルバー・黒・ブルー・赤)の4色展開なのですが、人気色は黒とブルーのみですね、GLITTER TUNEでは。よって、その2色しか置いてません。済みません。



クロ
c0100318_13405497.jpg
ホフマン・ピットバイクに限らず、現在のほとんどのBMXが、エントリーモデルは黒パーツです。車体の一部分のみが主張するのを好まないのであれば・・・黒を選ぶべし。



ブルー
c0100318_1344730.jpg
パンキーピーチの車体には、なぜかブルーのペダルを選ぶ少年多数。

戦隊モノのリーダーは今も昔も赤レンジャイ。僕の義理の弟の保育園児も、赤レンジャイ系のソフビはおきにだし、塗り絵もまずは赤レンジャイ系から着手します。しかし、こと自転車となると、赤を選ばず青を選びます。きっと子供ながら、『モテるのは青レンジャイですから。』って思ってるんでしょうね。まったく・・・スミに置けないですな、子供という存在わ。笑



grunge プチフラットペダル(黒・ブルー)
¥1,890(本体価格/1,800)です。
(シルバー・赤はその都度取寄せ対応)


お子さんの体格にぴったりの自転車をお求め頂きましたら、是非是非、ペダルも最初から最適化して下さい。大変お奨めです!



余談・・・
>親切心からくるありがたい突込み・ご指摘を頂戴するのですが・・・
きっと真央ちゃんも連盟役員や重鎮みたいな人たちから、たくさんの『親切なお言葉』を頂戴しているんだろうなぁ。その都度違う、一貫性の無い、言いっ放しのお言葉を。笑・・・もっと『嫌な子』になってくれる方がよっぽど安心ですよ、おじさんわ。笑・・・36歳の髪の毛ハガレ気味のおじさんの余談でした。
[PR]
by the-riddlebikes | 2009-10-21 23:53 | 入荷情報