ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

24インチ化

諸々のパーツをお預かりして2ヶ月も経ってしまいましたが、微妙な長さのスポークを用意するのに時間がかかってしまいました。

完組ホイルの販売が常態化した現在では、スポークの用意も大変です。いい加減、例の工具が欲しいのですが・・・何セット組んで販売すれば、元が取れるのか・・・。苦笑





24インチの軽量なリムはなかなか『いい感じ』のが手に入らないのが実情ですが、こっそりRM-20なんかを持っていると、その時点でラッキーですね。重量は450~460gぐらいだったかな?理想を言えば400g以下が欲しいのですが、どっかで線引いて組まないと、いっこうに出来上がらないですから。
c0100318_11284684.jpg
ハブとローターにはXTRを採用。DTの1.8mmのプレーンにしようかとも思いましたが、もしかしたら大人が乱暴に使う状況も考えられたので・・・2.0mmプレーンで仕上げました。個人的ブームの紫のアルミニップルで、ジオンのMSっぽくアレンジ。笑



短くて比較的安価でMTB用のトリプルが使えてってなると、これしか無いですね。今回は一番短い152mmを採用。
c0100318_11352146.jpg
基本的にこのテのクランクはスギノ製品を取扱う問屋さんも定番では扱っていない。だから注文してもすぐには手に入らない。でも緑山では必ず需要があるはず。ささやかながら、152mmをもう一丁取っておきましたよ。お探しの方、必要な方、ご用命下さいませ。



せっかく駆動系にシマノの最高峰製品をぶっ込んだんだから、ブレーキも油圧にした方が・・・グレードはデオーレクラスでもいいと思うので・・・シマノのメカ式ディスク、重量も引きもかなり重めなんですよねぇ。
c0100318_11411342.jpg
残す作業はケーブル類を張ってブレーキ・駆動系の調整をすれば出来上がりですが、ご用意頂いたパーツだけでは組み上がらない部分も数箇所あり。明日の土曜、お施主さんと打ち合わせしながらの完成でしょうか?大変お待たせ致しました。まもなく施工完了でございます。



そうそう、あまり紹介したことはないですが、『オリジナルの贋作フォーク(←変な表現。笑)』の高二(←『こうに』と読む)には、ディスクブレーキも取り付け可能。本物の方では余分な装備と判断され、廃止されたようですが。笑
c0100318_16495086.jpg
企画・設計・製作したのは2002~2003年の冬頃。その当時の様々な事情でキャリパーの取り付け方式がややこしい。

かなり『対策』的な方法での取り付け方式ではありますが、ディスクが装備可能ってことは、余分なVブレーキ台座が必要無いワケで・・・ま、ナニを必要としてナニを余分とするかはその人次第。人生色々仕事も色々ってことで。笑

キャリパーサポートを取り付けてからの面出し作業が、吉ですな。
・・・設計者談
[PR]
by the-riddlebikes | 2010-01-29 11:44 | ヒューマンサイクルダイアリー