ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

見てみぬフリなんて出来ないよ

『あなたの街の兵站屋』がキャッチコピーの当局事務所です。

ご近所さんの通勤マシンの修理や整備は、たとえ他店で購入されたモノでも、出来る限りのことをするのが、僕に与えられた『仕事』だと自負しております。





毎日所沢までを往復されている某社のクロスバイク。当然ブレーキシューは頻繁に交換。タイヤも耐磨耗性の高いモノをチョイスしても、半年単位で交換。2ヶ月に一度はしっかりと修理させて頂いてるのですが、この日はちと重症。

『あのぉ~、数日前からペダルのあたりから音がしましてぇ。ぎしー、ぎしーっと・・・。』

出ました、駆動部分からの音鳴り。原因不明な場合は徹底的にしらみつぶししなくちゃ解消しない、定番だが時には面倒なトラブル。

『もしBB部分が原因でない場合は今日中に修理は無理かもしれません。しかし明日中にはナンとかしますので、明日の朝は他の方法で通勤することも想定頂きたく・・・。』っと、お預かりしました・・・が、原因は『緩み』。BB・クランクとも手で外せるほどゆーるゆるでした。

原因究明でひと安心のような、戦々恐々のような・・・。苦笑



修理車両はBBカップが外側に付くことの無い従来式のBBなのですが、掃除の為にBBを外すとねじ山はささくれ多めだわBBシェルの面は手で触っただけで判断出来るほどの斜めカットだわ・・・。

そのまま組付けると、寝つきの悪い夜が確実に数日続くと判断。ねじ山さらって面も出して、すっきりしましたね。個人的に。笑
c0100318_15552294.jpg
画像はあともうひと削りって状態。こんな余計な作業をやっても、もらえる工賃はやろうがやるまいが一緒。だって、お客さんにそのことを話しても、『はぁ・・・。』って感じで意味不明だし・・・。

あくまで、自己満のひと手間なのである。苦笑
[PR]
by the-riddlebikes | 2010-01-26 23:34 | ヒューマンサイクルダイアリー