ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

KOXX・NANOBOXX

久しぶりに自分のフレーム製作の研究材料として、手元に置いておきたいモノが現れました。





エスパニアの某M社でもこのテのプッシュバイク(キックバイク、あるいはトレーニングバイクとも言うのか?)はラインナップされているが、車輪径が前後14インチのはず。
c0100318_8295116.jpg
そこへきてこのコックス・ナノボックスは前後12インチとのことで、僕の知る限り最小サイズ。国内在庫の最後の一台を、譲ってもらったのである。



例の車輪関連の荷物と同梱されていたのだが、ようやく梱包をといて形になりました・・・と言っても、タイヤに空気入れてハンドルバーくっ付けるだけでほぼ完成するのですが。笑

もちろんうちのまなみがテストライダーですが、買い与えると言うより、やはり実験的な側面が大部分。



現在70~75cmのまなちゃんですが、このままでは足が着かない。やっつけ的にアジャストするなら、シートを取っぱらってフレームのシートに成りそうな部分にウレタンフォームなどをあしらえばいいのですが、出来ればもっとペラペラのシートを探して、交換したいところ。

ハンドルバーも幅が広いのでもっと大胆にカットが必要だし、グリップも太過ぎる。コルクバーテープを巻いておくので充分なくらい。

あと、某M社の最新式では前ブレーキが装備されている模様。ここは見習いたいところ。後ブレーキも付けたいがスペースが・・・ま、あくまで乗用玩具のカテゴリーなので、お金をかけずにカスタマイズして、自身のノウハウとしたいと思っております。



確か、随分昔にさんざん組んで販売したGT・マイクロミニのグリップ部はφ19.0だったと思うが、今もか?グリップ部が細く、子供の手に最適だったんだよなぁ。ま、あの規格はあの規格でブレーキレバーも特殊なモノになるので、一長一短ではある。

このままBBを追加工してしまって駆動系統を増設すれば普通の自転車に仕立て上げることが出来そうだが、さすがにそれはメンドクサイ。造った方が早い。

造らないけど。笑
[PR]
by the-riddlebikes | 2010-05-07 23:25 | ヒューマンサイクルダイアリー