ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

高二と名付けられていない時代の高二

そういえば日曜日の緑山で久しぶりに寺★くんに出会いました。





別に西川口駅至近の某A商会へ行けば、覇気のない?笑・・・表情の彼に会うのですが、JOSFの会場では、2~3年ぶりだったような気がします。

あ、ゴリラの方では既に、Jrのデビュー戦は済んでいたんでしたっけ?『今は子供用のパーツが充実していて、ほんと羨ましいよ。』だって。僕が働いていたところへパーツを漁りに来ていた高校生時代からは、想像もつかない発言。笑



ffとバーターで造った高二。っていうか、元々高二なんて名前は無かったのですが、カリDくんが『フォークだけで売ってもらえませんか?』って言い出して、じゃ、名前を付けようってなって雑談中に適当に付けたのが高二。

その後カリDくんは1ヶ月もせずに高二をチョッパーに・・・代金を貰う前にそんなだから、結局高二を返却してもらい、僕の売上げは¥0というオチ。苦笑



ffや高二の『儲からない話し』は枚挙にいとまが無いです。だって製品版にする前に、4~5本の試作・テスト版を造っていたんですから。

その内の一本は、ff試作版で色々意見をくれた寺★くんに、あげちゃいました。
c0100318_4425283.jpg
いつあげたかも忘れるくらいすっかり前のことだったのですが、今はこの様になっているようです。2001~2002年頃の過去の遺物が、ちゃっかり今風になっているのが笑えます。



まもなく練馬区貫井の事務所も完全撤退しますが、僕の知らないところで、僕の造ったモノが生き残ってくれているのは、嬉しいモンですねぇ。
c0100318_4491224.jpg
高校生だったヤツがお父さんになっちゃっての『羨ましい。』発言を聞いて笑っている僕ですが、『嬉しいモンですねぇ。』なんて言ってる僕も、一般的には、充分過ぎるくらい、おっさんですよねぇ。

あ、初老ってのは40辺りから、そう言うそうです。生温かい風が、僕の少なくなった髪の毛を、揺らしていきます・・・。笑
[PR]
by the-riddlebikes | 2010-05-19 23:20 | ヒューマンサイクルダイアリー