ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

合成着色料はいっさい使用しておりません

いつまでも 未塗装でいいわけ アルマイト
c0100318_19523494.jpg
ハブ毛フレームのアルマイトが上がってきました。





既に未塗装の状態で数年使用しているので細かく見ると腐食が散見されるが、お施主さんの希望は『手作り感重視』らしいので、これでいいだろう。新品状態のフレームならもっと輝くだろう。それこそaoちゃんばりに。

仕事のストレスは『お買い物でうっぷんを晴らす。』というかわいい行為におよんだ『よこたん(←命名者は僕)』のせいで、ハブ毛フレームに最後まで乗っているのは、ハブ毛の人じゃないという事実。笑



アルマイトの価格は、フレームだけの状態で汚れとかきれいに除去されていて、もちろん塗装もされていない状態で、¥31,500(税・お施主さんへの返送の送料込み)くらいでしょうか。

当店とアルマイト屋さんの往復&当店からお施主さんへの都合三回の運賃と、業者の作業工賃で▲~★割とられるから・・・実はやりたくないサービス。苦笑



しかし新品のフレームなら汚れもサビもないので、アルマイト屋さんの作業ももう少し負担軽減出来るだろうから、かろうじて商売として成立するだろう。ま、ベタな色=5~6色くらいがせいぜいだが。

サイドワインダーでやると見栄えが増すだろうなぁ。なんかあった時(←主にクラック)に安価に素早く治せるように、僕が組んで納める場合は未塗装でお渡ししてきたが、今のところトラブルも聞かないし・・・『錆び防止』の観点からも、アルマイト処理を進めていきたいなぁ。
[PR]
by the-riddlebikes | 2010-07-29 23:48 | ヒューマンサイクルダイアリー