ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

2010・夏の思い出

スタート地点にあるって登るだけで汗滝の如く。蒸れ度98%の八幡さんでした。

もりもっさんからエナジーたっぷりのスペシャルドリンクを貰って飲んだら数時間記憶喪失に。

きっとよからぬ薬を混ぜたのだろう。皆さん楽しい一日をありがとう!





以下、持論を展開・・・

ふーん赤べこは同一コンセプトで捲土重来的なイベントはやらないんだ。確かに鮮度は大事だよな。一個のイベントが作品みたいな感じか。それをウェブに残しておけば次はナニやってくれんだ?って宣伝になるし。

神社の境内か・・・確かに今の時代、走らせもしない車のエンジンをエアコン目的でかけるのはナンセンス。でも神社って祭りやるところじゃん。祭りっていやあほんとの祭祀よりも、僕も含め一般大衆にとっちゃ露店のイキフン重視じゃん。テキ屋は電力まかなうために小型のジェネレーター使うじゃん。

ちゃらちゃらした連中が自分の理解出来ない事をやっている・・・けしからん!なんだろうね。気持ちはわかるが、神社だって質素な地元住民だけではやってけないぜ。時代にそくした『祭り』を催し話題を振りまくのが、神社の役割だよ。

神聖な場所?その神社だって出来てすぐの頃は派手で華美なモンだったと思うよ、当時の地元住民からすれば。さすがに山自体がご神体の大神神社で同じ事やるのは、僕も抵抗がある。だってカメラすら山に持ち込めない所だから。笑

スタッフぅ〜の案内が不行き届きでしたか。祇園祭りの氏子さんが『見どころ案内しますう。』って言うか?なんでも至れり尽くせりのレジャーって面白いかなあ。良い場所だろうが悪い場所だろうが自分であくせく探して、『ここが最高』って思えばいいじゃん。どんだけ人任せなんだよ。

祭りってのは酒呑んで昼夜問わず騒いでふんどし一丁で神輿担いで勢い余ってけんかして時々行き過ぎて神様に常世にお誘いされる人がいてやっぱり最後に公民館で町内の連中と酒呑んでそれでも足りない連中が更になじみのスナックなんかで呑み明す。そんなモンじゃん。神聖って言ってるのは実はそんなことじゃん。

ギャラとか出ないのにわざわざ日本全国からそのスジの名うての連中が集まって真剣勝負するんだよ?八幡さんといえば有力なお武家がこぞって祀っていた、いわば武運を司る神様。きっと神様も楽しくご覧になっていたと思うよ。

赤べこ祭りも充分神聖なお祭りだったと思うよ、僕は。
[PR]
by the-riddlebikes | 2010-08-16 23:17 | ヒューマンサイクルダイアリー