ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

KOWA/SPOKE CUTTER

まもなくこの様な工具が届きます。
c0100318_15321427.jpg
自転車のサスペンションで有名な興和さんが製作されている、スポークカッターです。





自転車屋の重要な仕事として、かつて、『車輪組み』と言うのがありました。え、かつて?そうです、『かつて』なのです。もう何年も前から、自転車の車輪はリムメイカーなんかが組んでくれた製品、いわゆる『完組車輪』が一般的になってしまいました。

で、しまいましたなんて『センチなため息』をついていますが、正直リム屋が、車輪自体をトータルで設計してコンプリートウィールにしまった方が良いモノが出来るようで、実際、ショップで組んだものより完組の方が性能が良くなっちゃいました。ってことは、やっぱり『センチなため息』をついているんですね、僕は。

ただ、やはり完組が一般的ではないジャンルというモノがありまして、僕みたいな暇そうにしているヤツのところには、『暇そうだね。じゃ、車輪でも組んで。』っと仕事を発注してくれるのですが、ここで大問題。世の中完組がメインストリームなもんですから、希望するスポークがなかなか手に入らないんですねぇ。

かつては国産スポークメイカーがあって、待てばミリ単位で、希望する長さのスポークを造ってくれたのですが、今はほぼ消滅しました。でもスイスのDTさんはまだ存命なんですよね?単純に日本で製造業はもう無理ってヤリ投げちゃう前に、そういった生き残っているメイカー・ブランドのやり方を見習うべきかと。



余談が過ぎたのでスポークカッターの話し。

ナニもこの工具を入手したからと言って勝手にこいつがわっぱを組んでくれるワケではありません。こいつが出来る仕事はあくまでもスポークの長さのカットとカットしてつるつるのところに新たにネジ山を立てることです。でもそれがお店単位で出来るか出来ないかで、かなり請負える仕事の幅が違ってくるのです。
c0100318_16131422.jpg
組立工賃ですが、当店でリム・ハブ・スポークを購入頂いた場合は1本=¥5,250(税込)よりうけたまわります。通常は前後セットでご依頼いただく事が多いので、1ペア=¥10,500(税込)になりますね。ささやかではありますが、現金で決済頂く場合は消費税はポイしちゃいます。

もちろんお手持ちのパーツを持ち込んで頂いても結構です。ちょっと差を付けてしまって恐縮なのですが、通常価格の50%増しの、1本=¥7,875(税込)で承ります。

あ、どんなスポークでも自在にカット出来るワケではないですよ。基本的に♯14(2.0mm)及び♯15(1.8mm)プレーンスポークのみです。最近はあまり見かけませんが、平べったいエアロスポークなんかはNGです。あと段付きスポークもたぶんNGです。たぶん?一段細い部分、あそこがきれいに♯15(1.8mm)ならば、最もストレスのかかるハブ側の首の部分は♯14(2.0mm)で強度を保っておいて、外周部は♯15(1.8mm)で軽量化、そんな事も可能かもしれませんね。やったこと無いので、憶測でのお話しですが。

ま、ナンにせよ、BMXやトライアルといった微妙な長さやラジアルで組んだりする『自転車屋泣かせ』のわっぱでも望むところってワケです。わっぱ屋としてのGLITTER TUNEも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by the-riddlebikes | 2010-10-22 23:13 | ウィールワーク