ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

ECHO SLリム/26インチ(フロント用)/32H

初荷(2011年1月4日)で入荷した品物ですが、日付は完全に無視です。笑
c0100318_17492370.jpg
店にストックしておいたYurisさんちのRELIC Hubと合体予定。





26インチのフロント用って言うと、たぶんほとんどの方が『フロント用ってナニよ?』って疑問に思われるでしょう。『実は・・・』なんてレベルの話しでもないのですが、トライアル車両のリムは前輪に比べ、後輪が太いんです。

いや『太い』というのはちょっと解かり辛いですね。幅が広いんです。

幅広の理由はいくつかあると思うのですが、よりタイヤの幅を出したいのと、トライアルという競技の性質上、かなり後輪にかたよった乗り方・使い方ですので、『より丈夫に・・・』って思惑もあるでしょう。

ま、詳しくはよく知らないのですが、とりあえずトライアルバイクの後輪はぶっとい方がかっこいいのです。



しかしぶっといと当然重いワケでして、ちょっと幅と重量をお知らせしますと、このECHO SLリムの場合で幅=44mm/重量=約800gということで、いくらぶっとくてかっこいいって言っても、MTBに使うにはやはり重いです。

え、MTB?はい、MTB用の車輪を組みます。このECHO SLリムの26インチ/フロント用を使って。

ちなみにフロント用は幅=38mm/重量=約620gです。それでも幅は、普通のリムと比べるとぱねーワケでぶっといワケです。



心配して下さっている方がいらっしゃるかもしれませんので、もう少し説明を。

20インチのトライアルバイクの後輪は例のビッグタイヤ=19インチリムですが、さすがに26インチは前後とも普通の26インチです。だから大丈夫です。って言うか、今回の車輪は前後ともフロント用リムで組むので、最初から大丈夫です。

もちろん前後とも26インチのリア用リムでってのもアリです。がしかし、タイヤがかなりファッティーな状態になるでしょうから、フレームとのクリアランスが重大な問題として浮かび上がります。お気を付け下さい。



でも一時期、スペインの名門M社では、26インチ用ビッグタイヤ=25インチを製品化して販売していたような・・・タイヤの価格が衝撃的な価格だったような・・・僕の記憶違いだったら済みません。



リムは1ペア余計に取っておいたので販売可能。1本=¥8,800(税込)です。

SLリムは現在流通している物が終了したら、黒やシルバーのみにいったん生産調整されてしまうので、カラー物は今のうちです。ですが既に、揃うのはこのグリーンかパウダーコートの白のみです。この緑にピンときたら、是非おさえちゃって下さい。

後ほどウェブショップに登録しておきます。
[PR]
by the-riddlebikes | 2010-12-09 23:46 | ウィールワーク