ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

SHIMANO/BL-T780 ご紹介

かなり以前に新型XTのトレッキングバイク向けのワイヤ引きのブレーキレバーを紹介致しましたが、ようやく出回りだしたようです。
c0100318_13494132.jpg
Vブレーキや機械式ディスク仕様のトライアル車両のブレーキ強化に役立ってくれそうな・・・そんな雰囲気がただよっております。





トレッキングバイクというのはおそらく、かなり内容の濃い仕様のクロスバイク的な車両のことを、さしているのでしょう。そういった車両では2フィンガーのブレーキレバーを好まないというか、三本の指でブレーキ操作をされる方が多いのだと思います。

『ブレーキ操作は人差し指一本、もしくは中指と合わせて二本の指で操作するべし』とおっしゃられましても、そういうライディング技術を追求している人ばかりではないですからね。三本指がゆったりとかけられる長めのブレーキレバーを求める声が在るってことでしょう。

で、その長めのレバーはブレーキ性能にこだわりたいトライアルに使えるのではないかなと。幅広ハンドルバーの内側にガツンと追い込んでセットし、長いレバーの端の方を1もしくは2フィンガーで操作してもらえば、Vブレーキの強化に役立つのではないかなと。あくまで憶測ですが。



トレッキングバイク(クロスバイク)では必要なのかしれませんが、ワイヤリードにワザとブレーキの効きを抑えるパワーモジュレーター機構が盛り込まれちゃっています。
c0100318_1483915.jpg
トライアルで使うならこのパワーモジュレーターはいっさい不要ですね。効かなくなるだけでなく、タッチもぐにゃぐにゃした感触になってしまいます。



ケーブルも一式くっ付いてきますが、更に機能アップを図るなら、アリゲーターを採用したいところです。
c0100318_14142878.jpg
どんな天候でも開催され、しかもワザと沢や池を走らされるケースもある『競技』でなら、間違いなく油圧ディスクに圧倒的なアドバンテージがあるのですが、柔道とか茶道とか書道とか・・・『道』としてトライアルを追求されるのでしたら、雨の日にわざわざ乗ったりしないのですから、重量も軽くメンテも容易なVブレーキや機械式ディスクでも、充分アリだと考えています。



お求めはこちらから。
[PR]
by the-riddlebikes | 2011-06-16 23:44 | トライアル