ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

SCHWALBE/TABLE TOP(24×2.25・ワイヤビード) 入荷

DERRINGER用にSCHWALBE/TABLE TOP(24×2.25・ワイヤビード)という、こなれた価格ながらかっこよく軽量なタイヤをご用意致しました。
c0100318_135818.jpg
DERRINGERを24インチホイルで組みたい場合、良質なタイヤの入手ってのが結構なハードルだったりするのですが、あちこち探し回って、『価格・軽さ・かっこよさ』を兼ね備えた、なかなか良いタイヤを発掘出来ましたよ。





Timo Pritzelのシグネチャーモデルのようですね。ワイヤービード仕様なのですが、ケーシングは頑強仕様というより全体的に薄めで、子供が使うタイヤとして、しなやかさも期待出来そうです。
c0100318_1310038.jpg
重量も1本/約630gと結構軽い部類ですね。



右手にカメラを持たないとガクブルしちゃうのでスケールがはんたいっこで恐縮ですが、外幅31~32mmのリムにセットして、タイヤの幅は約55mmとなります。
c0100318_13164614.jpg
2.25サイズのタイヤですが、あくまで普通の幅のタイヤを探していたので、僕的にこいつで正解です。



ブロックパターンはこんな感じ。低めのブロックが密に配置されていて、舗装路やフラットダートでの転がりと、完全なダートと、オールラウンドに機能してくれそうです。
c0100318_13212912.jpg
The Mt Bikeって感じのタイヤで、凄くかっこいいなと。



前後共用のタイヤで、前と後で方向を変えろって設計です。
c0100318_13282593.jpg
転がり重視なら、前後とも『前用のセッティング』でもアリだと思います。



撮影用にはタイヤと同じ、シュワルベの仏式バルブチューブを使用しました。シュワルベの仏式バルブはありがたいですね。米式仕様でバルブホールがあいちゃってるリムでも、ロックナットに一工夫が施されているので、仏式を使っても収まりがいいです。シュワルベの仏式バルブチューブは1本/¥840(本体価格/800)です。
c0100318_13323085.jpg
モーターサイクルから自転車の世界へ深入りされた方は米式バルブを希望されるケースも少なからずです。米式バルブのチューブはこちらから。



お求めはこちらから。
[PR]
by the-riddlebikes | 2011-06-27 23:01 | デリンジャー