ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

足並みをそろえて下さい(機材面の話です)

家族でサイクリングしたがるお父さんが乗るのはロードで、小学3~4年生の娘さんは変速無しの海外ブランドの子供車で、お母さんとまだ幼児の息子さんは子供乗せ付きアシスト車っていうラインナップ・・・よくあるパターンだと思います。





でもお父さん。それじゃあご家族は、『自転車全然面白くない!』っていうの当たり前です。

一番体力のあるお父さんが一番楽に走れるロードで、それに続くお子さんは車輪径は小さい上に変速機無し、お母さんに至っては楽に走れるアシスト車とはいえ、お子さんを乗せてロードについて行くのは、大変どころかちょっと危険ですらあります。

ご家族で一緒に楽しみたいなら、お父さんはロードへのこだわりを捨てるべきでしょう。別にロードを処分しろって言ってるのではありません。ロードは体力レベルが似かよった仲間と乗るか、週末の早朝に一人で走ればいいんです。ロードとは、そういう乗り物だと思います。

販売する立場なので自転車を買ってもらう事が前提となってしまいますが、ご家族でサイクリングをする際のお父さん号は、チャイルドシートが積載出来るタイプのMTBか、もしくはタフな構成のクロスバイクにするべきでしょうね。また小学3~4年生なら変速機の使い方は充分理解出来るので、変速付きの自転車を新調してあげるべきだと思います。

残るお母さん。お母さんはたぶんつき合わされているだけなので、子供を乗せてしんどい思いをしている状況を、チャイルドシート付き自転車のお父さんに代わってもらうといいでしょうね。もちろん保管スペースと予算が許すなら、変速付きの自転車を買った方がいいでしょうね。その際注意する点としては、お父さんの車両のような頑強仕様でなく、軽めのモノを選んだ方が良いでしょうね。

体力の無い人に、より性能の良い自転車を!・・・ご家族でサイクリングを楽しみたいなら、自分の自転車の性能ではなく、お子さんや奥さんの自転車にこだわってあげて下さい、お父さん。



余談ですがこんなケースも・・・。

友人同士で『自転車買ったらあちこち乗りに行こうぜ!』って言ってるのに『あいつはロードにしたんですか?じゃあカブるの嫌なんで僕はMTBで!』ってのや、旦那さんがクロスバイクで奥さん小径車ってのも、結構あるあるネタですね。

個人の好みなのでどんなモノを買おうが自由だし勝手なのですが、『一緒にサイクリングしようぜ!』って夢があるなら、家族や仲間やパートナー同士、出来る限り自転車のジャンルは揃えるべきかなと。



機材面で足並みをそろえることが、大変重要だと考えております。
[PR]
by the-riddlebikes | 2011-07-30 23:41 | ヒューマンサイクルダイアリー