ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

FIREEYE/2012 FLAME完成車キット(M) 納車

ある部分の不安要素への対策でかなりお時間を頂戴するかっこうになってしまいました。誠に申し訳ありませんでした。
c0100318_13455478.jpg
1台目の納車は納期ぎりぎりでしたので記録しておく余裕がなかったのですが、こちらのMサイズに付いては、なんとか記録しておくことが出来ました。ご配慮、誠にありがとうございます。





グリップがまだくっ付いていませんが、右=後ろで組むか通常の左=後ろで組むかをうかがった後、ちょい長めの後ろ側のオイルラインを適正な長さにカットしてコネクト小物を圧入して再接続後、エア抜きを施工して完成です。
c0100318_13541521.jpg
去年サンプル的に組んだこちらの車両を見てご注文頂いたお客さまばかりですので、当店で納車するFIREEYE/2012 FLAME完成車キットは、いずれの車両も最初から、ステムを長いモノへ交換する事を希望されました。

僕自身Mt Bikeといえど降り一辺倒な志向ではなく、距離を乗ったり登りでも余裕をもったポジションが取れるような車両を好むので、それぞれのお客さまに対しても、お客さまの乗り方・体格に適合した長さをご提案出来るよう、努めて行きたと思っています。

先に納車したSサイズには6°×80mmのステムをチョイスしましたが、どうでしたか?(便りのないのが無事な証拠・・・って事でしょう。笑)



ネオプレーン製のプロテクターが市販されていますが、あれ、マッドコンディションだと、水は吸うわ泥はしみ込むわで、僕もかつては使っていましたが、結局古チューブをバーテープよろしく丁寧に巻いておく方が、具合がいいように感じています。
c0100318_1431917.jpg
こういうビンボくさいのを嫌う方も少なからずでしょうが、僕的にはコレ系の無骨なやり方の方が、ダートバイクっぽくて好きです。今回は余裕をもった納車予定でしたので、ひと巻させて頂きました。



ちょっとアレを連想しちゃうピンクのわっかでアレ(中学生レベルですみません)ですが、これはフォークのサグ設定の際に使用するモノですね。ですので、サグ設定が終わったら、必ずフォークの一番上まで追いやっちゃって下さい。
c0100318_14154571.jpg
サグの設定値はフォークのトラベル量の15~25%だったはずなので(ざっくりですみません)、当該車両の場合は22.5~37.5mmの範囲内で、任意に設定して下さい。写真奥のレッグの最上部のキャップを回して取れば、ショップポンプを接続するバルブが現れますので、エア圧の加減にて、適切なサグ設定を行って下さい。

ステムが90mmでしっかり前に乗っていけるので、ロックショック社がフォークレッグに記載している推奨空気圧で、ほぼ正確なサグ設定が出来ると思います。



その他調整機構は当該フォークの場合はリバウンドスピードの調整のみです。
c0100318_14285872.jpg
このくらいシンプルな方が、ほとんどのMtバイカーさんにとって、ありがたいのではないかなと。

15スルー用のクイックレバーの取扱はマニュアルに記載されているので、必ず目を通してからさわられることをお奨めします。解かってしまえば簡素でしっかり固定出来る、良い構造かと。



クランクの固定はシマノと少し違う仕組みなのですが、いわゆる『ワンキーリリース』ですね。8mmの六角で取り付けも取り外しも出来ます。
c0100318_14343013.jpg
このワンキーリリースのボルトは振動で緩んでくることも充分予想出来るので、定期的に増し締めした方が良いと思います。

締め付けトルク云々というより、クランクのアクスルに段差があって、その段差が必ずベアリングの内側のメタル部分に当たってストップする構造なので、当たった段階でそれ以上締めることが出来ず、ネジが回らなくなるはずです。その部分の緩みがないか、定期的に『増し締め』するだけで、クランク部分のガタや緩みによるトラブルは、未然に防げると思います。



Sサイズの白があと1台です。お求めはこちらから。
[PR]
by the-riddlebikes | 2011-11-18 23:41 | ヒューマンサイクルダイアリー