ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

SALSA/EL MARIACHI/Sサイズ(16インチ) ドロップバーで仕上げる事を想定しての各部検証

あいかわらずの『意味がわかればいい』レベルの画像で申し訳ありません。
c0100318_14593465.jpg
SALSA CYCLES/EL MARIACHI/Sサイズ(16in)のフレームセットを用いてモンスタークロスを組上げる構想のご相談を頂きましたので、ポジション関連の検証を・・・。





元々MTB系のフラットバーで組上げることを想定して設計されているフレームをドロップバー仕様で仕上げる場合は、かなり小さめ(トップ短め)のフレームを選ぶ必要があります。

がしかし、『スローピングがきつくシートポストががっつり伸びたかっこうは避けたいので、なるべくなら大きめ(トップ長め)のフレームで!』っという希望も、それはそれで充分理解出来ます。いや、僕自身もどちらかといえばそうしたい方の人です。

そうは言っても・・・例えば水平トップ540mm程度のロードがぴったりだと感じている僕(身長=172cm)が『フラットバー前提フレーム』を素直にフラットバー=MTBとして運用する場合、水平トップ580~600mm(←このくらいのトップ長ですとシートチューブ長は17~18インチくらいでしょうか)程度は欲しいです。
c0100318_1612466.jpg
MTBフレームを『ドロップバーしばり』で仕上げようとした場合、適切なトップ長を優先すると小さなフレームを選ばなくてはならないし、シートポストをおもいっきり出さないとポジションが出ないのは嫌だということなら、シートチューブ長が長いフレーム選ばなくてはならないのですが、どちらにもデメリットが発生することは容易に想像がつきます。

そういった部分をずばっと解決しているのがFARGOでして、現行モデルは旧型よりもトップ長をもう少し短めにして、ジオメトリの見直しが図られているのですが、モンスタークロスの『ひとつの理想形』と断言してしまっても、問題はないと思うんですよね。

しかし今回は、旧型ながら高品質なトゥルテンパー/OXプラチナムチューブで仕上げられたEL MARIACHIを使うことを熱望されているので、あくまでもEL MARIACHIをベースに、モンスタークロスに仕立てていく所存です。



予断が長くなりましたね。最も悩める部分のステアリング周辺の話しに取りかかります。

オーナーさまの体格。FARGOを買うなら旧型だろうが現行型だろうが、Sサイズで間違いないと考えています。またVAYAですと、54cmサイズでも充分ポジションは出せるでしょう。
c0100318_1639533.jpg
その辺りの完成車の仕様・内容を参考にすると・・・ステムはもちろん、ドロップバーの方でも、リーチがかなり短く設定されているモノを積極的に採用しないと、良いポジションは造れないと思われます。今現在当店で用意出来る最もコンパクトなステムハンドルで乗り出して頂くのが、最良の選択肢であると思います。

ちなみにこのステム。スタックハイトが30mmとかなり低め(短め)ですのでより低いポジションが造れますが、後々ステムを交換するかもしれないということであれば、一般的なステムのスタックハイト分のスペーサーをかましておかれることをお奨めします。一般的なステムのスタックハイトは、だいたい40~45mm程度でしょうか。



東京サンエスさんのオリジナル企画のハンドルなので、日本人に扱いやすい幅に設定されています。サルサのカウベルもかなりリーチは短めですが、バンディーハンドルは更に10~15mmほど短い印象です。フレームの水平トップ長が575.9mmあるので、あらゆる部分で距離をつめていきたいですね。
c0100318_16324317.jpg
ちなみに参考に取り付けたブラケットは今話題のRetroshiftです。早くも若干の仕様変更が敢行されたようですので、定価¥12,000を、¥9,900にてご提供可能です。

おっと書き忘れていましたが、シートの高さはオーナーさまの体格を考慮して固定しているとはいえ、20mm程高めで止まっていると解釈頂いて結構かと・・・。
[PR]
by the-riddlebikes | 2011-11-24 23:43 | サルサ