ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

SALSA/VAYA LEVEL 2 クラブモデル仕様にて納車

純粋なクラブモデルと比べるとかなりダート路線なワケですが、現在の最新のコンポーネントを使い、充分なエアボリュームを持ったタイヤをはいて、全天候で機能するディスクブレーキという仕様は、今後更に定着していくと思います。
c0100318_20491948.jpg
クラブモデルと双璧をなすスポルティーフなるジャンルも在りましたよね。その辺の区分けにうるさい人からするとクラブモデルとスポルティーフをごっちゃに語るのは言語道断らしいのですが、大雑把に言うとどちらも700Cのタイヤをはいてガード(泥除け)を装備する点では一緒ですよね。

前者がイギリス仕様で後者がフランス仕様。前者がロードで一般的なキャリパー式のアーチで後者は太目のタイヤをはく傾向にあったのでセンタープルもしくはカンチブレーキ・・・そんな解釈でおおむね合っていると思っていますが、どうなんでしょ。

クラブモデルといえばブルーメルのガードを連想されると思うのですがスポルティーフと比べると軽さ重視というか、あくまでもベース車両は(当時の)通常のロードだったはずで、これはお国柄というか、さくっと1日のサイクリングに出掛けても雨に降られたりして路面が濡れる=服が汚れると、途中でカフェ(あるいはパブ?)に寄って一服・・・っとはいかない。だからロードであっても競技者でないサイクリストは、泥除けを付けたのかなと。

一方のスポルティーフは恐らくガチで長距離あるいは長時間のラリー的なサイクリングを楽しむ為の車両だったのではないのかなと。だからタイヤも少し太めで、長いアーチのキャリパーは様式美として許容出来なかったからセンタープルやカンチでまとめたのかと・・・ま、全部確証もナニもない、今までおっさん方(先輩方)から聞いて記憶しているそれら車両の個人的な概念ですので、厳しいつっこみはなにとぞ。

しかもよく考えるとそれらジャンルよりもどちらかというとVAYAは旅行車の性格が強いので、700Cランドナーと言った方がしっくりくるか・・・っとも思いますが、イギリスっぽい方が好きなので『VAYA/クラブモデル仕様』ということでそっとしておいて下さい。





前置きが長かったですね。今回入荷分からチェーンリングも黒になっていました。
c0100318_20582442.jpg
ペダルはやはり、XTの片面ノーマル・片面ビンディングのタイプですね。ほんとVAYA的ジャンルの車両にぴったりです。



ポストは特価で販売出来るモノとしてはラスイチだったトムソンを選んで頂きました。
c0100318_212987.jpg
シートは予算の都合というより、よさげなモノがいかなるものか充分吟味するため、とりあえずは純正で添付されてくるモノで乗り出して頂きます。



ケーブルの処理なのですが、通常シフトケーブルはヘッドチューブに沿わすように配置するのですが、塗装が削られるので、僕はあのやり方が嫌なんですよねぇ。
c0100318_2152616.jpg
ま、そうは言っても後のブレーキを左=後で組む場合は、ヘッドに沿うようにしか施工出来ないのですが。



最近のガードはフロント側もV字の2本ステーが多いようで、1本出しのタイプは意外に?少ないみたいです。
c0100318_21121231.jpg
VAYAはディスク仕様の車両なのでV字ステーだとキャリパーとケンカしちゃうので1本ステーが必須だったわけで、1本でもキャリパーと干渉する場合は最悪ステーを曲げることも考えていましたが、『奇跡のスレスレ』が発揮され、曲げ加工を実施することなく付きそうです。

ステーの余分をカットしたり、添付されてくるちょっと怪しめのボルト類をしっかりトルクをかけられるボルトに換えたりと、ガードに付いてはもう少し追い込む必要ありですが、このガードを採用して、間違いなかったと思っています。



残るはセンタースタンドの取り付けなのですが、ちょっと苦労しています。ボルトの長さが足りなかったりクランクと干渉したり。しかし完成まであと少しなので、引き続き集中的に作業して参ります。

ベース車両のSALSA/VAYA LEVEL 2(スーパーオレンジ) のご予約はこちらから。
[PR]
by the-riddlebikes | 2011-12-07 23:04 | サルサ