ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

充分使えました

僕と同級生のよっしーのVERMIN BIKES/TERROR
c0100318_18194520.jpg
今回のサイクルトレイン参加に間に合うように、ブレーキの強化とタイヤの高グリップ&軽量化をテーマに改造しました。
もはや原形をとどめないくらいに、最初の状態からメタモルフォーゼしちゃっています。






エア抜きし辛い!などの意見もあるみたいですが・・・僕的には“価格と性能の高次元の妥協点”の、シマノ/XTはお奨めです。
そりゃカラッカラの機械の中にオイルを注入するんです。最初から超微細な気泡までをも追い出すのは、なかなか厳しいでしょう。だから一旦乗っちゃいます。そしてダートを走ってぶるぶる振動を加えて、複雑な機械内をウエットにさせて、機を見て再度エア抜き。
これで問題解消出来るんではないでしょうか?ま、私見なので突っ込みはご容赦のほどを。
c0100318_18214839.jpg
シフターはスラムを採用。9速化は車体購入直後に既に済ませていて、チェーンデバイスはなんとe13!たけー!笑
この辺はよっしーのホームタウンに自転車通がいらっしゃるようで、その方のご指南。でも、的を射ていて、とても好印象です。僕もシフターはスラム好きです。シフターわ!笑
ブレーキはワンフィンガーで充分効くので、結構内側に追いやりました。そこでありがたいのがブレーキの内にも外にもマウント出来るスラムシフター。かなり操作しやすい・・・はずです。
もちろんシマノもXTRやXTは内・外マウント可能です。インジケーターが装備出来ませんがね。
今後はブレーキパッドのコンタクトポイントをもっと甘くして、手のひらが疲れた時にも問題なくコントロール出来るセッティングにしていきますよ。



タイヤは結構悩みました。
自分で使うなら自分の好みでも良いのですが、ダート初心者に装備するモノとなると、細過ぎず太過ぎず、あまりマイナーな通好みの『?』ってなるブランドにハシリ過ぎず、もちろん価格的にも性能的にも安心出来るモノ・・・。
前:KENDA/NEVEGAL・26×2.1/DTC・・・¥5,000(税別)
後:KENDA/SMALL BLOCK EIGHT・26×2.1・・・¥5,000(税別)
前後チューブ:KENDA/SUPER LITE TUBU・26×1.95~2.125/FV・・・¥800(税別)
c0100318_1822385.jpg
凄く良いチョイスでした。コギもそこそこ軽く、安心のエアボリューム。
よこたん、きみの意見はDTP増田氏と一致しておりましたよ。考えだけでもトップレーサーと同じ目線。充分自慢出来ます。笑
今回ガイド役をして下さったモンキー軍団の方々はほとんどがハードテール。もちろんモンキー/クロモリフレーム。そして皆さん2.35くらいの結構太目のタイヤをチョイス!
ハードテールに太目の軽量タイヤ・・・ひとつのカタチですよね。ekくん!
そうそう、ローターが味気ないモノになっておりますが、これは僕の事務所に転がっているデモ車に使っていた中古ローター。暫定です。もっとヤバいヤツを装着する予定。入荷が待ち遠しいです。



友達を大事にするよっしーらしいステッカー・・・A-syksのロゴがばっちりと主張しております。
ゴルオさん、元気でヤッているかなぁ。
c0100318_18221860.jpg
今回参加したメンバーで、唯一僕だけがフロントダブル装備。ほとんど“おし”をすることなく乗車のまま走破。
皆さんはフロント36~38Tのシングルですからねぇ・・・やはり山ではフロントダブルでしょう?マサくん。そしてとーるちゃん!
新型セイントが既にその仕様や情報をちょろちょろ垂れ流し始めていますが、バッシュガード付きのダブルで36&22とのこと。そうそう、これを待っていた!
32×11だと、ちょっとの下りでコギきっちゃうんですよねぇ。夏にリリース予定のSLXは、その辺どうなんでしょ?
やはしフロントダブルが、山へ行くには僕的にはお奨めですね!
[PR]
by the-riddlebikes | 2008-05-19 18:28 | ヒューマンサイクルダイアリー