ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

こだわりもなく、36ホール・・・

お待たせぇ。ご指定の36Hですよぉ!
予定通りに入荷しましたよぉ!






なぜだか僕の事務所で人気のFIRE EYE
これまでもヘッドセットやステム、ハンドルバーなどを“指名買い”でお求め頂いておりますが、意外に?(Yurisさん、失礼!笑)人気なのがハブです。
c0100318_1659512.jpg
特になにか物凄く高性能!とかではないでしょうが、前後とも9あるいは10㎜のクイック式のスルーアクスルで剛性アップが期待でき、軽くは無いがカチッとした感じの仕上がり。
フロントは9㎜スルーアクスルの他、標準で20㎜アクスル互換のパーツも込みってのも嬉しい。
ナニよりボディカラーが“白”ってーのが、タイムリーなお色で、皆様にぉ引き立て頂いているのかなと・・・。

フロントハブ(F-920)・・・・・¥10,000(税別)
リアハブ(R-10)・・・・・¥12,800(税別)

今回このハブをご用命頂いたのは僕の川口時代からの旧友。
彼とは同い年なのだが、MTB歴は高校生の時からだから20年くらいになると思う。だから、自転車キャリアがロードからだった僕よりも、MTBだけで見れば先輩になるのである。

そんなベテランMtバイカーの彼は、とーぜんわっぱを組む時はナンのためらいも無く、いや、『わっぱってのは36だろ?』って感じで僕に注文していきました。

時の流れに身をまかせて濁流にただよう弱った魚のような生活をおくる僕は、死んだ魚の目をしてPCに向かい、自動的に、現在標準的な32Hで彼に注文確認のメールを送ったのだが・・・。
『おいおいタイラくん。笑わせるない。僕はMTBのわっぱを注文したんだぜ。32?ナンだそれは?そんな数字は聞いた事ないぞ!なーんか心配だなぁ。みなまで言わなくても分っていると思うけど、スポークのあや取りも8本取りの4クロスだからなぁ。頼むよぉ。まじで・・・。』
・・・っとまぁ、とても頑強仕様のわっぱを、特にこだわりもなく自然体で注文してくれたのでありました。

無理をきいて36Hのハブを取り寄せてくれたYuris/yukiさん。
ご迷惑おかけしましたが、本人喜ぶと思います。ありがとうございました。

あと不特定多数の皆さん。
日本では通常MTBのホイルであっても32Hで組むのが主流となってしまっています。別に36Hがダメとかではないのですが、36を輸入業者さんが定番で仕入れていないケースがほとんどです。どーしても36Hが良い場合は、じっくりと数ヶ月待つ事を覚悟して下さい。ま、今回はあらゆる事のタイミングとyukiさんの軍配さばきのおかげで、約2ヶ月程で入荷しました。参考までに。



ファイアーアイ以外にも、DA BOMBのカラーハブも同時入荷。
c0100318_1751498.jpg
こちらはダボン本社があまりに豊富なカラー展開しているので、日本国内では32Hのみの展開で、色も入荷毎に一色に統一して入ってくるものと予想。(←違っていたらごめんなさい。)
で、今回は赤が入ってきたのですが、発色良好。凄くきれいな赤です。価格もナイスです。

フロントハブ(HS-F20E)・・・・・¥10,000(税別)
リアハブ(HS-R)・・・・・¥10,000(税別)

このハブもフロントに付いては通常のクイック式と20㎜アクスル互換の両刀使い。遊び上手なヤツなのであります。
ただしクイックは前後ともセットになっていないので、削りまくりのつやつやカラーのヤツをブッ込むもよし、自分ちのガラクタ箱にぞんざいに放置してある使い古したヤツを入れるもよし。
お好きなように、たしなんで下さいましぃ・・・。
[PR]
by the-riddlebikes | 2008-06-18 23:45 | 入荷情報