ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

あー、神様ぁ・・・

JOSF7月の定期戦での事。

ナンの努力も無く、神様が優勝しちゃいました。
さすが神様。それでこそ神様。そうこなくっちゃ!神様。






彼がその神様なのですが・・・。
『ユダノオオゲスヌシノミコト』っと、たった今名付けました。僕が。
c0100318_12494243.jpg
しかしまー、いわゆるキリスト教やイスラム教で言うところの唯一絶対の神様ではなくてですね。
アニミズムの発展系の日本の神道で言う、『八百万の神』でしてね。
神様と言っても、そんなに物凄くはないんですよね。



オオゲスヌシノミコトには自転車よりも得意なことがあるのです。そうそう、皆さんご存知の“雨降らし”ですね。

日本の神道の神様には、同一の神様に全く別の神格が宿っていると考えられているのですが、
“雨降らし”の得意技、これはいわゆる、オオゲスヌシノミコトの荒魂(あらみたま)が発露した時に起こる現象でしてね。

荒魂とはいわゆる神の怒り的なことで、我々下々の者が、ひどく迷惑を被る天変地異的な事を起こす訳ですよ。

でもこの日のオオゲスヌシノミコトからはおだやかな和魂(にぎみたま)が発せられていましたね。なぜかって?単純に、この神様は夏が好きだからです。

そう、和魂とは人間に幸福や加護をもたらすありがたい側面なのです。この和魂をたくさん出してもらう為に、または、神様を楽しませて荒魂が発生しないように・・・お祭りとは、元来そういう理由で行われるんですね。



普段仕事をしているときのオオゲスヌシノミコトは正体をかくしています。もちろん、勝つ為の練習などほとんどしないと聞いています。

努力する神様なんか、人間味あり過ぎて魅力無し!
どーかどーか、その馬場さんみたいなナチュラルな肉体で、やる気なさげにレース活動に挑んで下さい。
その方が、下々の者たちにもありがたいので・・・。



オオゲスヌシノミコトの荒魂が発露しないよう、ここはひとつ、小さな祠(ほこら)でも造ってきちんとお祀りしておかないと。
c0100318_13243158.jpg


へそを曲げて、要らぬタイミングで雨をふらされては困りますからね。
c0100318_13263922.jpg




画像提供
rigidride10.30/2008-07-20 21:32
ハブ毛ブログ/よこたんの落書き/2008-07-20 15:02

とーるちゃん、優勝おめでとう。30オーバークラスだけど。
個人的には、エキパに戻らない方が良いと思うんだけど・・・。笑
[PR]
by the-riddlebikes | 2008-07-21 23:26 | ヒューマンサイクルダイアリー