ブログトップ

ヒューマンサイクルダイアリーズ

agitation.exblog.jp

京都府宇治市の自転車屋/GLITTER TUNEのブログです。

意外とよく似合う

こつこつ売ってきたVERMIN BIKES(バーミンバイクス)/TERRORテラーですが、残りもわずかとなってきました。気になっている方はお早めにご決断を!

っと、商売っ気出してみましたが、既に真夏の都会で毎日ばしばし乗りまくっていた方々から要望が多かったのは、やはりといいますか・・・『もうちょっと軽いタイヤないですかねぇ』・・・って声でした。

ささやかに、商売させて頂きます。






“Mt BIKE ストリート”・・・というジャンルが成立しているのかはさだかではありませんが、その手のジャンルではど定番のTIOGA(タイオガ)/FS100が人気です。
c0100318_13304765.jpg
26インチ用では2.1と2.3インチの2種類の太さが展開されているのですが、みなさんだいたい26×2.1の方を選択されます。

なぜか?単純に2.1の方がより軽いからです。2.1は760g。2.3は810g。

元々装備されているKENDA(ケンダ)/K-RADは単品でも販売されているタイヤなのですが、完成車に組み込む製品と部品単品で流通するものと、少し内容が違うようです。
ブロックパターンなどは共通なのですが、実は重量が・・・。
パーツ売りの物は26×2.3=825gなのですが、バーミンに装備されているのは同じサイズで1,000gオーバー。コレは痛いです。非常に。笑

バーミン標準のKENDA(ケンダ)/K-RAD/26×2.3=1,000g
TIOGA(タイオガ)/FS100/26×2.1=760g
少なく見積もっても片方の車輪で240g・・・人力で走る自転車にとって、この数値は大きいですよ。まじで。



ロゴや商品名が白文字のみというのも人気の秘訣でしょう。
c0100318_13425874.jpg
文字的にもウルサクナイので、車体の雰囲気を邪魔しない。っていうか、『換えた方がかっこよく見えるようになった・・・。』っと、言ってくれる方も意外に多いです。



ご覧のようにブロックも低く設計されているので、重量のみならず転がりも軽いです。
c0100318_1345537.jpg
『太さ的にどうなんだ?きゃしゃに見えるのはNGだよ!』っていつもクギをさされるのですが、バーミンのリムは結構太めなので、標準のタイヤのボリュームとほとんど変わりません。

いつも交換後に写真を取ろうと思うのですが、夜に作業してそのまま乗って帰るパターンの方が多いもので・・・お昼に換えにいらっしゃる予定の方。今度お写真を許可下さい。笑



TIOGA(タイオガ)/FS100/26×2.1・・・¥2,835(本体価格¥2,700)
別途工賃がかかります。



GLITTER TUNE(グリッター・チューン)
the-riddlebikes@excite.co.jp

[PR]
by the-riddlebikes | 2008-09-02 23:16 | 入荷情報